• トップ

排水工業の製品に関して

工業を健全に発展させるものです

環境を守って工業を伸ばします

1960年代の日本では、高度成長期にあったことで、全国に工場が建てられました。問題になったのは、工場から出される排水が、ほとんどそのまま川に流されていました。しかし、製品を作る工程で使用された重金属が原因となり、多くの公害病が発生していったのです。当時は経済成長のために工業製品を大量生産することは、ある意味、社会的ニーズでありました。しかし、結果として郊外を蔓延させることとなりました。その反省から、工業製品の製造プロセスでの排水に関して、国の定める基準が厳しくなってきたのです。それ以来、工場としては排水をきれいにした上で川に流していくための設備を整備するようになってきました。1980年代ともなると、工業用水の使用量がさほど増えなくなりました。というのは、使用後の水から汚れをとって、その後も再利用できるような設備を据え付けた工場が普及していったからです。環境意識が高まったことがその背景にあります。1990年を迎えると、そういったリサイクルの比率は75%にまで高まっていきました。一度使用した薬品を再び回収して、もう一度使うという処理を行うことも珍しくありません。工業発展のためには環境に優しいことが前提になってきています。

新着情報

↑PAGE TOP

Menu