• トップ /
  • 工業排水と環境汚染対策

排水工業の特徴について

工業排水と環境汚染対策

工業分野での排水浄化システム

工場での生産活動の過程で生じる排水は工業排水として分類されます。工場によっては有害な物質を含む排水が生じるため、環境汚染を防ぐという観点から、使用済みの工業用水は基準を満たした安全な状態にしてから流出する必要があります。汚染されたままの水は工場周辺の川や海などの環境を破壊するだけでなく、有害物質が浸透し地下水を汚染することもあります。過去に多くの犠牲者を出した工業排水による汚染公害を経験したことにより、国民の健康を守るため、水質汚濁防止法を制定し、特定施設から排出される使用済みの工業用水等に安全基準を設け汚染防止に努めています。より環境に優しいシステムを開発し導入することを課題としている企業も多く、真摯に環境汚染対策へ取り組んでいます。工場で使用された水は含有する物質や水質に合わせて必要な浄化処理を数回経てから排出されます。工場での使用済みの廃水を浄化する方法は、微生物によって汚染物質を分解する生物的処理方法と濾過や薬品による凝固などによって有害物質を取り除く物理化学的処理方法があります。それぞれの用途に合わせたシステムが専門メーカーによって開発され、工場に導入されています。企業によってはメーカーと共同でシステムを開発・導入することによって、排水や浄化処理過程で出た廃物のリサイクルにも積極的に取り組んでいます。

↑PAGE TOP

Menu